Simple Site

MR転職について

転職をお考えのMRの方、多いと思います。

今後の将来性の事を考えて、今のうちに転職しておいた方が良いのかな・・・と迷われている方もいらっしゃるでしょうね。

転勤辞令がそろそろ出るという予測の元、転勤が出来ない事情をお持ちの場合には、転勤が無い企業への転職を検討中という場合もあるかもしれません。

もし転勤があったとしても、エリア内で、となればまだ働きやすいという方も多いのではと思います。

親が高齢であったり、介護が必要な状況の場合にはなかなか転勤を受け入れるのが難しいという事もあるかもしれませんね。

ご家族のどなたかが、精神的に辛い場合も同様かなと思います。

年齢、それまでの実績なども大いに関連はしてきますが、転職を考えるという方法は悪くないと思います。

実際にどういった選択肢を考える事が出来るか、といった事も一度情報収集して見ると良いかもしれませんね。

複数の人材紹介会社を利用してみることで、自分の市場価値というか、転職可能性について客観的にアドバイスをもらう事が出来ます。

複数の人材紹介会社、というのがポイントです。

ある程度、共通してくる部分に関しては信用しても良いのではないでしょうか。

1社だけだと、判断のしようがない部分もありますからね。
やり取りは増えますから、どこまで時間的に負担出来るかといった問題もありますが、出来れば、2社など利用して話を聞いてみたり、転職先候補を挙げてもらうと今後の参考になると思います。

情報収集をする中で、コントラクトMRについて興味を持たれた方もいらっしゃると思います。

国内にも多数のCSOがあります。
一年を通してコントラクトMR募集を行っているCSOも少なくありません。

コントラクトMRへの転職もメリットもあればデメリットもあります。

転職を考える際は、どうしてもその選択肢の良い面に目がいきがちですが、そうした時こそ、デメリットをしっかりと調べて理解する事が重要です。

後から後悔する事の多くは、少し調べていれば分かっていたことも多いですね。

製薬会社からのMR採用は一旦落ち着いている状況ですが、CSOのMR中途採用に関してはまだまだ求人数も見る事が出来ます。

もし、条件さえ良ければ具体的に検討したい、という方は多いかもしれませんね。

コントラクトMRへ転職

今後、コントラクトMRに関してはさらなる増加が見込まれています。

記事一覧